初フルマラソン(そうじゃ吉備路マラソン)を終えて

Facebookでシェア Twitterでシェア

初フルマラソン(そうじゃ吉備路マラソン)を終えて

昨日2018年2月25日、そうじゃ吉備路マラソンのフルマラソンを走ってきました。

私にとって初のフルマラソンで、結果は最後の関門、第8関門(38.5km地点、5時間30分以内)で、タイムオーバーとなり完走することは出来ませんでした。

この日のためにやったことは、1月10日ごろインターネットでまだ吉備路マラソンのエントリーを募集をしていることを知り、今年の正月からここ半年ほどやめていたジョギングを再び5kmを2日に1度のペースで走りはじめていたので物は試しとエントリー致しました。

その後、5kmを10kmに変更し、同じように2日に1度のペースで走り、体重も大会前日まで5kgほど落とし、レースに望んだわけですが、結果的にはまだまだ練習量が足りず、身体が出来ていなかったのが完走出来なかった敗因かと今は思っています。

レースに出る前は完走が最低目標、できれば5時間以内で走れたらなぁと淡い期待をしていたのですが、ジョギング程度のスピードではありますが、10kmを息切れせず走れるのだから大丈夫だろうと考えていたのが間違いで、実際には10km以上は殆ど走った経験もなく、38.5kmを走り終えて感じることは、私にとってフルマラソンというものは途方もなく長い距離だったということです。

初フルマラソン(そうじゃ吉備路マラソン)を終えて

予想外だったのは、長距離を走ることからのスタミナ不足よりも、右膝に痛みが出て普通に走ることが困難になり、それを無理して走っていたのでそこからスタミナを奪われたことでした。

第6関門(31.7km地点、4時間30分以内)、第7関門(35.7km地点、5時間05分以内)はもうあと1-2分で締め切られるというギリギリの走りで、なにか関門、制限時間に追われて走っているような感じで、これもレース前は考えもしなかったことでした。

そんな初マラソンではありましたが、レースから学んだことは多く、一番の収穫は、右膝が痛くなってからは、本当に気持ちだけ、根性だけでもうろうとしながら走っていたのですが、そんな中でもとにかくゴールだけはする、完走だけはするというただ一つの目標に向かって頑張り、自分自身もいつもは感じることさえない精神力を垣間見た気がします。

また、おじいさん、おばあさんのランナーもとてもいい刺激になりました。彼らの走り、ガッツには驚くばかりで、私もまだまだ頑張らなければいけないと彼らの走りからガッツをいただきました。ガッツは伝染しますね。

という雑な感想になってしまいましたが、今は心から走ってよかったと思っています。とてもいい経験になりました。

雪辱戦は(抽選で当たれば)秋の岡山マラソンです。

初フルマラソン(そうじゃ吉備路マラソン)を終えて


CONTACT

お問い合わせ

AEDI株式会社

〒710-0801 岡山県倉敷市酒津2549-2

貴社のサービス・商品のブランディング、デザイン、ホームページでお困りのこと、お仕事のご依頼、お見積もり、デザイン、ホームページ制作、その他AEDIのご提供するサービスに関することでご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームとお電話より承っております。

アイデアを生み出すAEDIの事務所(岡山県倉敷市酒津)

お電話でのお問い合わせ: 平日9:00〜19:00(土日祝を除く)

050-5899-6624